そもそも情報がなぜお金に?

今も昔も、情報を欲している人は多いです。

 

これを読まれている方で、パソコンやスマフォなどで情報を得ようと
よく検索をしている方も多いと思います。
色んなジャンルがある中で、普遍的なものから水物とされるものまで
さまざまです。

皆さんも経験あるかと思いますが、検索をしていて
惹きつけられるサイトがあったりします。

 

それは、的確に自分自身が求めている答えが載っているサイトです。

当たり前になってしまいますが、
この当たり前のことが相手にとって有益になり価値あるものになります。

 

ただ、価値あるものにするため溢れかえった情報と差別化をしていく
必要がありますし、しなければ誰も読んでくれません。

 

では、価値あるものにするためには…

 

 

あなたの『経験』が付加価値となって活きてきます。

 

この活きた情報は他に誰も作れないし、内容は十人十色です。

 

 

例えば、複数人がAというダイエット商品を紹介するとします。
性別・年齢・ライフスタイル・性格などが違ってくると
当然ながら、情報提供する内容も違ってきます。

ここで、読み手側となる人物を考えると、
このAという商品に求める内容が微妙に違いがあります。

「Aを使ってモテたい!」
「痩せて健康的になりたい!」
「散々失敗してきたから成功したい!」
「痩せてオシャレを楽しみたい!」

 

などなど、ダイエットという目的は同じでも
そのあと何を求めているのか…

詳しくは、後々の記事でお伝えしていきますが、
本来の求める価値を見据えた情報提供が有料級となるのです。

ただ単に、痩せる情報だけでは読み手となる方々は満足しないですし
大事なお金も出してくれません。

 

まとめると、
あなたが読み手となる方にどのようにしてどれだけの価値をなぜ

提供するかが大事になってきます。

さらに、ターゲットとなる人物を絞り込む
その価値を得れるのであれば、読み手となる方はお金を出してでも
情報が欲しくなる訳です。

 

情報=お金

 

これは、非常に大事なことですので覚えておいて下さい。

 

 

また次号から、順序に従って記事にしていきます。

ここまで読んでいただいてありがとうございます(^^)

One Response to “そもそも情報がなぜお金に?”

  1. […] 。 そもそも情報がなぜお金に? ←※参考程度に… […]

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

投稿者
もみじ

 

初めまして!もみじと言います。
現在、整骨院を経営しながらアフィリエイトをしてます。
超初心者が本気になって自由な時間・お金を手に入れた。

 

詳しくはこちら→

このページの先頭へ